株式会社ケンモチ電機

会社概要

はじめに

 当社は、昭和39年3月神奈川県厚木市に於いて、釼持晃一が個人企業とし、
釼持電気商工会の下に電気工業事業を始め、昭和39年10月に神奈川県電気工事組合に加入致しました。
その後、電気工事設備工事業者として昭和44年8月に神奈川県知事の登録を受け、昭和45年10月に有限会社釼持電機商会を設立致しました。

 厚木市の愛市購買の精神の下、地元出身の創業者が設立。
当初は店舗も構え家電の販売も行い、地域密着型地元重視で自治会や地域住民に密接にかかわる営業も行ってまいりました。
一般企業から、官公庁・大手ゼネコン・サブコン・各メーカーの電気にかかわるすべての工事全般の企画・設計から施工・維持・管理まで対応。
中小企業の特徴を生かして現場へのトップダウンを迅速に行い、お客様の要望に瞬時に取り組む体制を持っております。
厚木市内・県内・関東及び全国規模の電気工事会社の組織に属し、重責な役職の責を担っている為、同業他社のネットワークがあり、組織利用の互助の中、
昨今に至っては全国での仕事の受注を行っております。

社長挨拶

 高度経済成長に沸く昭和 39 年東京オリンピックが開催された年に地元厚木市で創業致しました。
創業から60周年を目前に控え、経済の動乱の中あらゆる困難にも負けず、創業者の志を受け今日を迎えることが出来ましたのは、
一重にご縁を頂きました取引先様、又従業 員のたゆまぬ努力と技術の研鑽の賜と感謝の想いに頭を垂れる心情にあります。
 2020 年は 2 回目の東京オリンピック開催の歓喜に沸き、日本の経済も復活の兆しの中に あって、突如沸いたコロナウィルスという想わぬ落とし穴に、
世界中がざわめき経済は大 混乱し先行きも不透明な日々、更に輪をかけた我が国の出生率の低下も影響を受け日本という国は年々人口も減り、
世界第2位の経済大国だった日本は、今や中国に抜かれ数年後 にはインドやブラジルなどの新興国に追い抜かれると予測されています。
 戦後の動乱期に一念発起して日本経済をトップレベルまで牽引してこられた先人達の努力と苦労が破れ、このまま滅びてしまうのではないだろうかと言う現実。
今の日本人に欠けてしまった心の道徳と強い精神、日本古来の武士道。 真剣にこれからの日本を皆が考えなければならない現実が目前にあります。

会社の概要

会社名 株式会社ケンモチ電機
登記所在地 神奈川県厚木市愛甲東一丁目8番13号
営業所在地 神奈川県厚木市愛甲東二丁目11番2号
工場 神奈川県厚木市愛甲東三丁目12番
創業 昭和39年10月1日
設立 昭和45年10月1日
建設魚業届出 神奈川県知事 特定 第2-5170号
電機工事業届出 神奈川県知事 届出 第5148号
東電登録番号 厚木 第25号
資本金 金 2000万円
役員 代表取締役 釼持陽子
取締役
古矢 隆 江藤敏幸 釼持政宏
松田國美 釼持雅崇
監査役 片桐徳男